ガラスコーティングの手間とコストを考えてみました

ガラスコーティングをしてしまうと、一回にウン十万とかかったりします。プロショップのホームページなどを確認すると様々種類も豊富にあったりします。耐久性や耐久年数なども確認できます。ランニングコストもかかります。年に数回など。。。しかしたとえお金がかかっても、十分なメリットはあると見込まれるでしょう。そもそもタイムイズマネーの概念を考慮すれば、1時間40分という時間短縮は、かなり大きな数字なのは明らかです。まさに機会損失のネックを解消してくれる訳ですから、お金をかけるだけの価値は十分にあります。
しかもコーティングを行えば、ウォータースポットなども回避する事ができます。車がそのままの状態ですと、雨水の跡のような模様が残ってしまう事も多いです。しかしコーティングさえ行っておけば、ウォータスポットも防ぐ事ができます。それを踏まえても、やはりお金はかかってもガラスコーティングは前向きに検討する方が良いでしょう。