ガラスコーティンぐはポリマー加工から変化した

30年前や40年前はポリマー加工というコーティングが全盛期でした。それは1年間ほどワックスが不要だというキャッチコピーで一世を風靡しました。
そして現在では、車のボディにガラスの膜を張ったようなイメージのガラスーティングというものが主流となっています。それはポリマー加工という施工をグレードアップしたものです。
車のガラスコーティングは1種類だけがあるわけではありません。

・シリコン使用
・ポリシラザン
・フッ素

などなど現在においてもいろんな扱いがあります。
それから自動車の塗料も、油性のものから、水性のものへと変化をしていきました。
DIYによる車のワックスに関しては、ひと昔前と比較すると塗りやすくなり、吹上やすくもなりましたが、耐久性という点ではまだまだ叶いません。それどころかどんどん広がっていると思います。素人に難しいのはやはり、施工性であるとか下地の処理ですね。そこはやはりプロに任せないといけない部分だと感じています。
特に大切に長くしい使いたいと考えるユーザーさんには、やはりDIYよりも施工業者に頼んだ方が良いのではないかと考えます。