新車のガラスコーティングの効果や、よくある疑問点とは?

新車のガラスコーティングの効果や、よくある疑問点とは?

ボディコーティングをご存知でしょうか?
車のボディやガラスに施す表面処理のことを指し、ボディの塗装を保護することやガラスの撥水性をアップすることがその目的となります。
一般的には新車からボディコーティングを行なうのが良いと言われていますが、それはいったいなぜなのでしょうか?
車は少しでも走ればキズがつくものであり、置いておくだけでも汚れが付着してしまうため、塗装保護やガラスの撥水性が増す新車ボディコーティングは、それだけでも効果があるからです。
では、そのボディコーティングの種類と効果を見ていくことにしましょう。ボディコーティングには大きく分けて2つの種類があります。
まず1つ目が「ポリマー系コーティング」です。
以前は車のツヤ出しといえば、カーワックスが定番でした。しかし、このポリマー系コーティングが1980年代に登場すると、時代はカーワックスからポリマー系コーティングに移行していきました。
このポリマー系コーティング効果・特徴としては、光沢やツヤがよく出るため、ワックスよりも塗装保護や汚れ予防に効果を発揮してくれるということです。ポリマー系コーティングは定期的に行なわないと効果が持続しませんが、カー用品店などで材料を購入すれば、自分で気軽に行なうこともできます。
続いて2つ目が「ガラス系コーティング」です。
ガラス系コーティングはポリマー系コーティングの後に登場したコーティングで、現在ではこのガラスコーティングがツヤ出しの主流になっています。
ガラス系コーティングの効果・特徴としては、光沢やツヤがさらにポリマー系よりも強く、長持ちするということです。ポリマー系コーティングの効果が3ヶ月から半年なのに対し、このガラス系コーティングは半年から1年は効果が持続します。こちらのコーティングも定期的なメンテナンスが必要ですが、ポリマー系のように自分で行なうことは難しいため、専門店に依頼するのが一般的です。
このように、新車からコーティングを施す新車カーコーティングや新車ガラスコーティングは、車を新しい状態に持続してくれるため、新車を購入された方はすぐにコーティングをされることをおすすめします。
次に、現在ツヤ出しの主流になってきているガラスコーティングを新車に行なう際、利用者がよく感じる疑問点について見ていくことにしましょう。
まず、「ガラスコーティングさえすれば、洗車は必要ないんじゃないか?」という点です。結論から言うと、ガラスコーティングであろうと、ポリマー系コーティングであろうと、ボディコーティングをしたからと言って洗車が不必要ということではなく、洗車はしなくてはいけません。ボディコーティングをした方が、汚れがつきにくくなり、水垢も含めて水洗いだけで落としやすくなるということは言えますが、それでも洗車は必要です。いつも車をピカピカにし、汚れをつけないためには横着せず、きちんと洗車もしましょう。
次に、「新車のときにガラスコーティングをした方が、先々買取に出したとき、高値が付くんじゃないか?」という点です。これに関してはケースバイケースと言えるでしょう。なぜなら、業者に依頼しお金を払ってガラスコーティングしても、その車が汚ければ買取査定額は低くなり、逆にガラスコーティングをしなくても、その車がきれいな状態で維持されていれば買取査定額は高くなるからです。
さらに、たとえ新車にガラスコーティングをしたとしても、定期的にきちんとメンテナンスもせずにいると、ボディの塗装がムラのように見えてしまうこともあるため、このような状態だと、ますます買取査定額を下げてしまうことになりかねないからです。ですので、ガラスコーティングと買取査定額アップにあまり関係はないと言えるので、大事な新車はいつまでもきれいな状態に保つために、コツコツ洗車することが得策と言えるでしょう。