ホイールコーティングをDIYで行う

車のアルミホイールには、必ず複数の枠があります。数本単位の枠があって、中心部分からやや放射状に伸びているのが特徴的です。
ところでホイールに対しては、しばしば施工が検討されています。そもそもホイールという箇所は、かなり汚れやすい傾向があるのです。それに泥などがかかってしまう事も多いです。
もちろんその時には、洗浄作業などは行っていく事にはなります。しかしホイールに対する汚れは、なかなか厄介です。中には頑固な汚れもありますから、車の持ち主としては、ホイールコーティングを行う事もよくあります。一旦その施工を行っておきますと、ホイールに対する洗浄作業はだいぶ楽になるからです。多少はお金もかかりますが、施工を行う価値は十分にあるでしょう。
ところで車に対する施工は、細かな単位で行っていく方が良いのです。一気に広い範囲に対して施工を行うというより、できるだけ細かなブロック単位で作業を行う方が、総じて無難な傾向があります。
ホイールコーティングの施工に対しても、全く同じ事が言えるのです。広い範囲に対して作業をするよりは、細かく行っていく方が良いでしょう。
ところで上記でも触れた通り、ホイールには複数の枠があります。それを1本1本ずつ作業を行っていく方が良いのです。その方が、無難な傾向はあります。
ホイールコーティングというのは、それなりに丁寧に行う必要があります。見落としなどが発生してしまうと、色々と厄介な状態になるのです。
例えば一部分に対する漏れなどは、よくある話です。そもそもホイールコーティングというのは、全体に満遍なく施工を行う必要があります。一部分が抜けてしまいますと、ホイールを保護する効果が薄れてしまう傾向があるのです。もちろんそれは、あまり良くありません。
どうすれば良いかというと、1本1本の単位で作業を行うのが望ましいでしょう。全体に対して一気に作業を行ってしまいますと、やはり一部分が抜けてしまう確率が高まります。それでムラなどが生じてしまえば、肝心のホイールコーティングの効果が薄れてしまう事もよくあるのです。もちろんそれはあまり良くありません。
しかし1本1本という小刻みな単位で作業を行っていきますと、丁寧な施工を行える傾向があります。それでムラなども生じづらくなりますから、コーティングもそれなりに長持ちしてくれる傾向があるのです。
またホイール全体に対して一気に作業を行おうとすると、一部分が必要以上に分厚くなってしまう事があります。そしてコーティング剤は撥水、親水というのは、あまり使いすぎない方が良いのです。適量があります。
コーティング剤を無闇に使い過ぎてしまいますと、該当箇所が割れやすくなってしまうのです。その結果、寿命が短くなるという話はよくあります。当然それは、あまり望ましくないでしょう。
逆に1本1本を丁寧に塗っていくスタイルですと、1箇所が極端に分厚くなる確率も低くなります。それで最終的な仕上がりが良くなる事も多いのです。
確かに1本1本を塗っていくのは、それなりに労力も求められる事にはなります。しかしそれ位丁寧に行わない事には、コーティングの寿命も短くなりかねません。後日になってコーティングが取れてしまうのも困りますからてちょっと一手間かけて1本ずつ塗っていく方が良いでしょう。
ちなみに、それはホイールコーティングだけではありません。車全体に対して行うカーコーティングなども、できるだけ小刻みに行う方が良いのです。ボンネットだけに作業を行った後は、天井部分だけを集中的に作業するといった具合です。全く同じことを、ホイールコーティングに対しても行う必要があるのです。自力でコーティングをする時の、注意点の1つと言えるでしょう。