新車におすすめ ガラスコーティング効果や日常のお手入れについて

新車におすすめ ガラスコーティング効果や日常のお手入れについて

新車を購入していつまでもきれいに保ちたいと考える方は多いと思います。一方、車の手入れは苦手といった方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、新車におすすめしたいガラスコーティング効果や日常のお手入れについてご紹介したいと思います。
コーティングについて
車のボディー塗装面の上にコーティング層をつくる事で、酸性雨や紫外線、細かな傷など様々な経年劣化から塗装を保護する役割があります。一昔前までは、ワックスが主流となっており塗装の艶を出すという点においては非常に優れた効果を発揮していました。しかし作業効率の悪さや持続性の短さ、さらには塗装技術の発展により、現代の車メンテナンスにおいてコーティングが主流となっています。また、コーティング技術の進歩によって格安で施工できるようになっている事も迅速的普及の要因のひとつでもあります。
コーティングの種類について
コーティングには大きくわけてポリマーコーティングとガラスコーティングの2種類があります。どちらも塗装を保護してくれる役割については同じですが、大きな違いは持続性です。ポリマーコーティングの場合は1年から3年程度といわれていますが、ガラスコーティングの場合は3年から5年程度の持続性があります。(定期的に簡単なメンテナンスを施した場合)
ガラスコーティングは、登場した当初は施工価格が高く中々浸透していきませんでしたが、施工技術の発達や普及によって低価格を実現、最近では自動車ディーラーでも勧める事など、人気のコーティングとなっています。
ガラスコーティングの効果について
ガラスコーティングでは、自然なツヤでとても美しいボディーを実現してくれます。特に新車であれば、さらに高級感のある美しく艶やかな輝きを実現してくれます。そして施工した後には、強固な塗装幕により細かな傷や汚れが付きにくくなります。特に、目に見えない細かい傷はすみの原因となるのですが、そういった傷がつきにくくなりますので艶にこだわる方には特におすすめです。さらには、雨や誇りなど汚れが付着した場合でも水洗いで簡単汚れを落とす事ができます。また、酸性雨や紫外線など経年劣化にも強くなり、数年後も新車同様の輝きを保つことができるといった特徴もあります。
日常のお手入れについて
日常のお手入れでは特別な事を行う必要はありません。汚れが気になる場合には、水をかけるだけでほどんどの汚れが流れ落ちますので、洗車が苦手な方でも簡単にメンテナンスを行う事ができます。また、年数が経過して水洗いでもなかなか落ちない汚れが発生してきた場合には、専用のメンテナンスキットを使用する事で効果は復元してくれますので安心です。
日常手入れの注意点について
炎天下での洗車はボディの温度が上昇すると水滴がすぐに乾き、シミができやすくなりますので避けます。また、鳥糞や虫の死骸などは放置しておくとコーティング被膜にダメージを与えてしまいシミになる場合がありのですぐに取り除きます。そして、洗車終了後の水滴は早めにふき取りする事が大切です。拭き上げずに自然乾燥さsてしまうと、こちらもシミの原因となる場合がありますので注意が必要です。
こんな方におすすめ
ガラスコーティングは、日常的な手入れは簡単に済ませて、ボディーを綺麗に保ちたいと考える方におすすめです。また、洗車は苦手ではないという方でも、洗車からワックス掛け、室内清掃まで考えると1日仕事になりかねません。その点、ガラスコーティングであれば、洗車に掛かる時間を大幅に低減する事ができますので、休日の限られた時間を有効に利用する事ができます。
少し前までガラスコーティングと聞くと高額な費用で一部のユーザーのみしか使用していないイメージがあったと思います。しかし今はそんなことはありません。洗車も楽になっていつまでも美しさを保つ事ができるガラスコーティングは、ぜひ試してほしいカーコーティングといえます。