ポリマーよりはガラス系のコーティングが推奨

ガラスコーティングというのは、車の表面部分を保護してくれる働きがあります。雨水の悪影響をブロックしてくれる力があるのです。エンジンルームやドアの内側、幌といった箇所も保護してくれる働きがあります。
ポリマーの場合は、そうではありません。確かにポリマーは見た目を良くしてくれる効果はありますが、車の表面部分を保護する効果は無いのです。ガラスコーティングならば、もちろん上記に挙げたほか、タイヤホイールすらも保護をしてくれます。
そもそも車には、経年劣化があるでしょう。ずっと使い続けていれば、だんだん車の見た目も悪くなってしまう訳です。新車同様の見た目をキープしたいと望んでいる方々も、少なくありません。ガラスコーティングなら、それが実現できる訳です。
それに加えて、上記のような鏡面仕上げのメリットもあります。しかもそれが自然な仕上がりになる訳ですから、やはりポリマーよりはガラス系のコーティングが推奨されます。